トップイメージ

ハニワ工場館

ハニワ工場公園はいつも開いていますが、発掘した窯が観察できるハニワ工場館は開館時間があります。
発掘した窯の観察ができますしビデオも上映しています。
せっかく行くのならぜひとも開館しているときにいきましょう。
上記写真はハニワ工場館の入り口です。
入り口左の事務所に管理人さんが常駐しています。
入館料は無料で、パンフレットをもらえます。記念スタンプもあります。
開館時間:午前10時〜午後5時
休刊日:年末年始
入館料:無料

発掘されたハニワを焼く窯の内部です。
ハニワの破片などの残骸(ざんがい)を見ることができます。
発掘された状態のままの窯が保存展示されています。この窯は西暦530年頃に造られたと考えられているトンネル式の窯で、18号ハニワ窯と呼ばれているものです。長さ8.2m、幅2.5mで、この遺跡で最大の窯とされています。

このハニワは、今城塚古墳から実際に出土したハニワを修復したものです。
ハニワ工場館の中に展示してあります。





ハニワ工場館の中にはいろいろな展示があります。






MENU

Copyright (C) 2007 新池ハニワ工場公園紹介. All Rights Reserved.